スポンサーサイト

  • 2020.05.01 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    第9回 引越し完了!!

    • 2011.08.09 Tuesday
    • 09:06
    久しぶりの更新になってしまいました。
    お盆周辺は仕事でバタバタしてしまいます。

    さて、更新の止まっていた間にもピーターさんの身の上には様々な出来事がありました。

    まず、かねてから発症していた鼻水とくしゃみですが、結論から言うと治りました!
    ここに至るまでの詳細は次回に書きます。

    今回はタイトルのとおり引越しをしたんですよ。
    僕じゃなくてピーターさんがです。

    いや、ついに買っちゃったんですよこれ、レプロ850。
    DVC00046.jpg

    実際に部屋に置いてみると思ったよりデカいw
    圧倒的存在感…っ!

    今度の床材はヤシガラマットM(粒サイズ8mm程度)です。
    以前にS(粉砕)を使った時にくしゃみをし始めたので粗めのがよかったのと、20リットル¥2,000という低コストに惹かれて中野のハチクラで買ってきました。
    レプロ850なら20リットルあれば厚さ4cmぐらいで敷けました。90cmまでのケージならこれひとつで足りると思います。
    ピーターさんはけっこう床を掘る子なので、床材は厚めに敷いてあげたいのでこれは助かりました。
    心配していた鼻水、くしゃみもなく、元気に暴れています。

    合わせてレプロツインライト60の20wデザートサン10.0も買いました。
    ケージ全体に照射できるのがいいですね。
    以前まで使っていたスパイラルタイプのレプティーグロー5.0より断然強いUVBを照射できるのですが、とくにピーターさんに変化は認められませんでした。
    紫外線球は飼育者の自己満足とはよくいったものです…;多少餌食いがよくなった…ような気がする。

    しばらく忙しくて散歩に連れて行けなかったので、週末は散歩に行きたいです。

    第7回 床材変えてみました

    • 2011.07.23 Saturday
    • 21:58
    前回のエントリーで体調の落ちていたピーターさん。
    実は鼻水垂らして涙目だったんですが、瞼まで腫らしてしまって、飼い主として反省しきりです…。
    幸い、温浴させて顔を洗ったら目の腫れは引きました。が、鼻水とくしゃみは止まらず…。
    温度、湿度は適正とされる範囲(30度、60%)にあるので何故なんだろう?と、原因を考えて、どうやら床材の粉塵があやしかったので、急遽床材を変えてみました。

    今までレプタイルサンド→パームマットSと使ってきたのですが、どれも乾燥すると粉塵がひどかったようです。
    レプタイルサンドは水をこぼすだけで粉塵が舞い上がってました。乾燥系のカメにはいいかと思ってたんですが、湿度が維持できないと使いにくいですね。
    パームマットも同様でした。

    そこで杉の木をペレット化したというコレに変えてみました。

    ハ虫類マット…そのまんまの名前ですね。
    湿気を保持しないので乾燥系の生体にいいそうです。
    ペレットだから粉塵も抑えられそうだし、なにより脱臭と除菌ができるのはすごい。
    さっそく敷いてみました。


    oh…強烈な杉の香りww
    部屋ごと脱臭するらしく、部屋が杉の香りに包まれましたw
    長く匂いが残るわけじゃないですが、杉が苦手な人は注意が必要かもです。

    殺風景になったのでアパートの入口に生えてたマンネングサを移植してみました。小さな器に植えて置いてあります。食べるかしら。


    色合いが庭園みたいなケージになってしまいましたw

    で、肝心のピーターさんの体調ですが、床材を変えてから今のところ鼻水は出てないようです。
    このまま収まってくれればいいのですが…;

    第2回飼育ケージについて

    • 2011.07.06 Wednesday
    • 16:12
    110702_215854.jpg
    我が家のギリシャリクガメ、ピーターさんの飼育ケージです。

    ペットショップで簡単なセットを購入後、ちょこちょこ買い足しながらここまできました。

    水槽:600×300×350(mm)
    保温球:赤外線ランプ20w
    紫外線:レプティーグロー、UVB コンパクト13w

    サーモスタット:GEXレプタイルサーモ
    紫外線照明7時〜19時、まだ幼体なので昼間は高めの32度、夜は28度に設定してます。

    湿度計:ビバリア アナログの貼るやつ

    床材:レプタイルサンドを厚さ3cmで

    あとはシェルター、水入れ、餌用アルミプレートなどです。

    床材が一番悩みました。
    最初に買った飼育セットにはレプタイルサンドがついていたのですが、ピーターさんが後ろ足を踏ん張ると滑ってしまうようで、歩行障害になってしまうのでは?と心配でした。

    そこでパームマットSを若干水を混ぜて固めに敷いてみたのですが、歩行はうまくいったものの湿気で元気がなくなってしまう事態に。

    急遽、爬虫類倶楽部大宮店に行き、店員さんにいい床材はないか相談してみたのです。

    すると、店員さん「うちではレプタイルサンドでしっかり歩いてますよ」

    あるえー?

    話を聞いて、なるほど、僕の敷き方が悪かったようです。
    そこで、レプタイルサンドを4リットルお買い上げ。
    家に帰ってさっそくパームマットを除去。
    レプタイルサンドを3cmほどの厚さになるように、最初にあったものと合わせて上記の水槽サイズで6リットルほど敷き詰め、手でしっかりと固めました。

    すると最初は粒が転がってうまく歩けなかったのに、厚みをもたせてしっかり固めることで、レプタイルサンドが素晴らしい床材に早変わり。
    しっかりと爪をたて、ノシノシ歩けるようになりました。

    このレプタイルサンドは赤玉土に似ているのですが、袋には焼結セラミックと書いてあります。
    なにが違うのかはよくわかりませんが、ケージ内の乾燥を保ってくれるので、乾燥を好むギリシャリクガメにはもってこいの床材だと思いました。
    糞尿の掃除も楽ちんです。

    この水槽ではやはり小さいし、ガラスは甲羅アタックで割られることがあるらしいので、早めに大きな木製ケージを用意してあげたいです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM